Skip to content

遺影額の昔と今の違い

葬儀の際に故人の写真、即ち遺影を入れるための額を遺影額と言います。遺影額は黒であるという認識の人も多いですが、最近では故人のイメージに合わせて色々な色が使われるようになりました。また、従来はガラスが使われていましたが、PETシートのものも出てきています。

遺影額の周囲は生花で飾られることが多かったのですが、近年はリボンで飾ることも多くなってきました。

原価管理ソフトの導入で利益率の改善が図れます

全ての会社は、顧客に何らかの商品やサービスを提供することで利益を得ています。提供する商品やサービスには原価がありますが、原価管理を適切に行わないと収益を上げ続けるのは難しいです。

原価管理に失敗して原価を抑えられないと、その分、収益が減ってしまうのです。業務用の原価管理ソフトを導入すれば、煩雑な処理を簡単に行えるようになります。